展覧会情報

Exhibition Information

第68回

独立書展

 新春に国立新美術館(六本木)で2週間開催される本団最大規模の展覧会です。会場では応募作品全てが展示できる状況にあり、ほぼすべてがゆとりのある一段掛けで適度な間隔をもって様々なジャンルを展示しています。一般の方を対象にした『作品解説会』や外国人を対象にした『英語による解説会(ギャラリートーク・ワークショップ)』、通常サイズをはるかに超えた作品を対象に『大作ディスカッション』を実施しています。また一般書道愛好者を対象に楽しみながら参加できる『新春 独立の小さな華部』を設けています。

展覧会情報

会期
令和2年1月8日(水)~20日(月)
午前10時~午後18時(入館は30分前まで)

※ただし初日は12時開館、最終日は午後14時半(入館は30分前まで)
休館日
令和2年1月14日(火)
会場
国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
美術館のウェブサイトを見る
グーグルマップを見る
観覧料
無料
出品について

【作品解説会】 『第2部受賞作品を対象として』

日 時
1月12日(日) 午前10時30分~12時
会 場
国立新美術館3階講堂
解説者
猪股眠丁氏

次世代を担う第2部出品者を対象とした解説会です。参加者と共に書の在り方を真剣に考え、作家精神を奮い立たせる契機にしたいと考えています。解説者は本団理事の猪股眠丁氏です。長く教育現場におられ、熱意ある指導により、将来有望な新鋭を多く輩出しています。ユーモアにあふれる熱のこもった解説が期待されます。多くの方々の参加を望みます。

【大作ディスカッション】 公開討論会

日 時
1月18日(土) 午前10時30分~12時
会 場
国立新美術館 独立書展会場 1階A大作展示室
解説者
調査研究部

創立以来、情熱をかけて挑み続けてきた大作は独立の真骨頂です。本年も大作出品者が自作を語り、参加者と共に作品について討論し、研究する企画です。

書に興味をお持ちの外国の方にご案内ください。
【英語による解説会】 (ギャラリートーク・ワークショップ)

日 時
1月18日(土) 14時~16時
会 場
国立新美術館 独立書展会場 1階A大作展示室
解説者
国際部

外国の人たちに本団の活動を理解してもらうための一環として開催いたします。第1室・役員室の作品、及び大作を中心に、英語に翻訳して説明します。質問があればそれに答える方法で進めていきます。また後半には、ワークショップを開催し、筆・墨・紙を使用して参加者に書道を体験していただきます。

この展覧会情報を共有する

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
第68回 独立書展

出品について

一般公募で出品される場合は、「一般公募」の部と気軽に参加できる「新春 独立の小さな華」部の二つがあります。
それぞれ作品サイズ等が異なりますので、出品する際には、出品要項をお読みの上、本団事務所へお申し込み下さい。出品票及び出品料振込み用紙を10月下旬より順次送付いたします。

1.まず出品要項をお読みください。

2.次に、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

出品要項、申込書など、出品に関してご質問のある方は
下記メールアドレス宛にお問い合わせください。

infoma@dokuritsu.or.jp