トピックス

Topics

猪の声

墨魂-立石光司の仕事-創作から臨書へ

2020年3月14日~5月6日迄古河歴史博物館で開催されていた、墨魂-立石光司の仕事-が新型コロナの影響で3月で博物館を締めることとなりました。たまたま私は後輩と3月26日に下見をかねて伺い拝見する機会を得ました。
4月19日には本団常務理事で事務局長の山中翠谷氏の記念講演会「立石光司の仕事と書」が開催される予定でしたが中止となりました。立石先生は生前に同じ場所で個展を開催され、懐かしく拝見しました。16歳の「楽毅論」~73歳の「鶴亀」までゆっくり見ることができました。お客さんもほとんど居らず少し寂しくもありました。
先生は篆刻美術館の設立に大きく携わり、書を含めたあらゆるものに造詣深く、物凄い読書家で手島右卿に師事し多くのもの学んでこられた。臨書を大事になさっていた先生でしたが最後に「私は、臨書を行として手習いをしていくことが書の道であると思っている。」という言葉を紹介し終わります。  日々口実

猪の声

岩嶋巌峰書展

コロナ拡散が叫ばれる中、今週も神奈川県の大船へ。
2月24日岩嶋巌峰書展を拝見。個展の開催に当たり古典の勉強に専念されている岩嶋氏の姿勢に共感。
三十帖冊子~
張瑞圖まで幅広く手習いされているのだと思いました。
一方、創作作品は大作中心で、原爆詩集や響が印象に残った。
若い力を存分に発揮され、立派な個展でした。会場もまた立派で、名前が鎌倉芸術館。
私は初めて伺いました。
            日々口実

猪の声

神奈川県代表作家展

豪華客船で新型コロナウイルス拡散が叫ばれる中、2月16日東京都美術館から横浜に移動。神奈川代表作家展拝見。
前日独立の菊池隹右氏の解説あり。私は前日会議で拝聴できず作品を拝見する。
独立の竹内鳳仙氏、岩嶋巌峰氏をはじめ神奈川県の有名書家がズラリと展示されている。大変勉強になりました。
他団体の方と同じ土俵で展覧会をする事は大変名誉なことであり、独立の代表として書をアピールする絶好の場です。
皆さん応援して、足を運びましょう。
        日々口実

猪の声

第68回独立書展

昨年(2019)暮れから大勢のスタッフにより鑑別審査をはじめいろいろな仕事が行われてきました。そのおかげを持ちまして第68回独立書展が新年1月8日より1月20日迄の二週間に渡り国立新美術館(六本木)で開催されました。
陳列数2045点(昨年度比-14点)ですが、小さな華部(昨年度比+27点)をはじめ総力を挙げて頑張ったと思われます。
また入場者数も20931人(昨年度比+566人)と盛況の内に終わりました。外国人の来場者数は1563人(-263)と例年より減少しました。中国、韓国、台湾等近隣諸国の旅行者減少の影響と思われます。
例年通り作品解説会、大作ディスカッション、英語による解説会(ワークショップ)では多くの参加者に恵まれ無事終了することとなりました。
今後も新しい仲間を増やしながら70回展に向けて頑張りましょう。小生も微力ながらお手伝いしたいと思っております。
日々口実

猪の声

尾花也生書展

尾花也生書展

猪の声

柿沼翠流先生葬儀

柿沼翠流先生葬儀